日语常用格助词用法技巧归纳


    日语常用格助词用法技巧归纳  よく使う格助詞の用法一覧  格助詞というのは「てにをは」とも言われていますが。日本語の表現文型が文の骨格にあたるとすれば、「てにをは」(格助詞)というのは関節にあたります。助詞の問題で、「あれ?」と思ったら、この一覧表を開いてみてください。  「が」の用法 1、 主語を表す「が」    1) 「(疑問詞)が~か」文と、その応答       「誰が行きますか」「私が行きます」       「いつがいいですか」「明日がいいです」       「どれがあなたの辞書ですか」「これが私の辞書です」    2) 存在文や「(~には)~がある」文で、存在する人・物・ことを表す       「教室に誰がいましたか」「李さんがいました」       「机の上に何がありますか」「本があります」       友だちと約束があります。       君には君の夢があり、僕には僕の夢がある。    3) 形容詞文や比較文の中で       日本は交通が便利です。       「東京とソウルと、どちらが寒いですか」「ソウルの方が寒いです」       「クラスで誰が一番背が高いですか」「李さんが一番背が高いです」    4) 自動詞文・現象文の主語       桜の花が咲きました。       雨が降っています。       先週、ここで交通事故がありました。    5) 従属句の中の主語       これは私が撮った写真です。 <名詞句>       私が小学二年生だったとき、父は死にました。<とき>       仕事が忙しいので、私は旅行に参加できません。<理由>       李さんが来たら、これを渡してください。<条件>    6) 状態を表す「~ている」「~てある」文の中で       ドアに鍵がかかっています。       入り口に警官が立っています。       黒板に字が書いてあります。       部屋に花が飾ってあります。 2、 対象を表す「が」    1) 形容詞文で感情・感覚などの対象を表す       あなたは料理が上手ですね。       私はスポーツが好きです。       彼は英語が得意です。    2) 希望を表す文で対象を表す       私はパソコンが欲しいです。       私は水が飲みたいです。       今日は焼き肉が食べたいですね。    3) 可能を表す文で対象を表す       あなたは韓国語がわかりますか。       あなたは車の運転ができますか。       私は中国語が話せます。 3、 接続助詞の「が」    1) 逆説に使う「が」       彼女は美人だが、性格がつめたい。       薬を飲みましたが、熱が下がりません。       行きたくないが、行かなければならない。    2) 前置きや文のつなぎに使う「が」       すみませんが、近くにトイレはありませんか。       この前の話ですが、どうなりましたか。       僕はコーヒーにしますが、あなたは?  「の」の用法 1、 名詞と名詞を結びつける「の」       これは李さんの本です。       こちらは担任の田中先生です。       黒い革の鞄です。       ソウルの冬は寒いです。       明日の試験は大丈夫ですか。 2、 名詞の働きをしたり、名詞句を作る「の」       「これは誰の本ですか」「私のです」       私が買ったのはこれです。       私は本を読むのが好きです。       子供が遊んでいるのが見えます。       友だちが来るのを待っています。 3、 「~のだ」の形で説明・断定の感情を加える「の」       「どうしたんですか」「お腹が痛いんです」       休みたいんですが、いいでしょうか。       今は忙しいんだ。後にしてくれ。 4、 名詞句の中で主語を表す「の」       私の(・が)住んでいるところは、駅の近くです。       君の(・が)探している物は、これですか。       桜の(・が)咲く頃、もう一度来たいですね。  「を」の用法 1、 他動詞について動作の目的・対象を表す「を」       私は日本語を勉強しています。       もう食事をしましたか。       李君を呼んできてください。 2、移動表現の中で使われる「を」    1) 離れる場所を表す       電車を降ります。       毎日7時に家を出ます。       大学を卒業したのはいつですか。    2) 通過する場所を表す       鳥は空を飛びます。       信号のところを右へ曲がってください。       毎朝、近くの公園を散歩します。    3) 経過する時間を表す       夏休みをアメリカで過ごした。       ここは私が少年時代を送った懐かしい家です。       長い年月を経て、この作品を書き上げた。 3、 自動詞の使役文の中で使われる「を」       彼は冗談を言って、みんなを笑わせた。       早く子供を寝させた方がいいですよ。       社長は遅くまで社員を働かせた。  「に」の用法 1、 動作の起こる時を表す「に」       「学校は何時に始まりますか」「9時に始まります」       寝る前に、歯を磨きましょう。       夕方までに、この服をクリーニングしてください。 2、 存在する場所や状態発生地を表す「に」    1) 存在する場所を表す       「李君はどこにいますか」「李君は教室にいます」       「郵便局はどこにありますか」「駅の側にあります」       「机の上に何がありますか」「本があります」    2)  動作の目的地・到達地を表す       飛行機は成田空港に着いた。       船が港に近づいた。       みなさん、10時に学校に集まってください。 ◆       鞄に教科書を入れる。       黒板に字を書く。       荷物はそこに置いておいてください。    3)  状態発生地を表す       道ばたに花が咲いている。       私は銀行に勤めています。       私はソウルに住んでいます。       右に見えるのが、国会議事堂です。 3、 「~には~がある」文で使われる「に」       規則には例外があります。       彼女には子供が三人ある。       彼には学識(教養・地位・誇り・経験・夢・・・)がある。 4、 目的を表す「に」       海へ釣りに行きます。       ジョギングは健康にいいです。       成田空港に行くには、新宿からJRが便利です。 5、 「~に~を~」他動詞文で動作の相手・対象者を表す「に」       友だちに電話をかける。       恋人に誕生日のプレゼントをあげる。       外国の学生に日本語を教えています。 ◆       父に(・から)時計を買ってもらいました。       日本の友だちに(・から)日本語を教わる。       「誰に(・から)絵を習いましたか」「父に習いました」 6、 感情発生の理由を表す「に」       大きな音に(・で)驚きました。       食糧難に(・で)多くの人が苦しんでいる。       恥ずかしさに(・で)、顔が真っ赤になった。 7、 変化の結果を表す「に」       春になる。       日本語が話せるようになりました。       信号が赤から青に変わる。       一つのケーキを三つに分ける。 8、 基準を表す「に」       この子は父親に似ています。       AはBに等しい。       彼女は才能に恵まれている。 ◆       一週間に一度、韓国語を習っています。       一度に二つのことはしない方がいい。       一日に何時間ぐらい復習をしますか。 9、 受身文の動作主       親に叱られた。       僕は先生にほめられました。       泥棒にお金を盗られた。 10、 使役文の動作主       母親が子供に薬を飲ませた。       私にやらせていただけませんか。       部長に歌を歌わせられた。  「で」の用法 1、 動作の行われる場所を表す「で」       子供たちが公園で遊んでいる。       この川で泳いではいけません。       どこで日本語を勉強しましたか。 2、 手段や方法を表す「で」       ボールペンで書いてください。       バスで駅まで行きます。       多数決で決めましょう。 3、 材料を表す「で」       僕は竹で作った箸がすきです。       紙で鶴を折ります。       毛糸でセーターを編みます。 4、 時間・期間・数量や範囲を限定する「で」       この仕事なら、一週間でできるでしょう。       「それ、いくらで買いましたか」「5000円で買いました」       あと二時間で京都に着きます。       世界で一番長い川を知っていますか。 5、 理由を表す「で」       地震でビルが倒れた。       今日は風邪で休んでいます。       事故で電車が止まった。 6、 根拠を表す「で」       声で誰かわかります。       成績でクラス分けをする。       外見で人を判断してはいけないよ。 7、 動作が行われているときの状態を表す「で」       裸足で歩く。       小さな声で笑っている。       彼女は一人で暮らしています。  「と」の用法 1、 名詞を並べる「と」       机の上にノートと鉛筆が置いてあった。       手紙と小包は、昨日送りました。       僕と君が代表に選ばれました。 2、 共同動作の相手を表す「と」       友だちと(・といっしょに)旅行に行きます。       子供と(・といっしょに)テレビを見ている。       休日はいつも家族と(・といっしょに)過ごす。 3、 動作の対象を表す「と」       孫さんと結婚します。       友だちと約束をする。       家族と相談してから、決めます。 ◆       病気と闘う。       円をドルと交換する。 4、 発言や内容を引用したり、指定する「と」       私は李と申します。       先生は何とおっしゃっていましたか。       今日中にできると思います。       君なら必ず成功すると信じている。 5、 比較の対象を表す「と」       私もあなたと同じ考えです。       僕は君とは意見が違います。       兄と比べると、弟の方が頭がいい。 6、 接続助詞の「と」       右に曲がると駅があります。       春になると暖かくなる。       父は日曜日になると釣りに行く。  「から」の用法 1、 起点を表す「から」    1) 時や場所の起点       「何時から会議は始まりますか」「10時からです」       ここから駅まで歩いて何分ぐらいかかりますか。       太陽は東から昇り、西に沈む。    2) 人を表す語について、動作の主体を表す       その話を誰から聞きましたか。       父から手紙をもらった。       あなたから説明してください。    3) 抽象的な語について、起点を表す       失敗から教訓を学ぶ。       心から皆さんを歓迎します。       やっと仕事から解放された。    4) 順序や範囲の始点を表す       さあ、何から話し始めましょうか。       この映画は子供から大人まで楽しめます。       彼は100人の選手から選ばれた代表です。 2、 原因・出所や判断の根拠を表す「から」       足跡から、犯人は男とわかった。       服装から判断すると、       ちょっとした不注意から事故が起こる。 3、 原料や構成を表す「から」       米から酒を作る。       プラスチックは石油から作られる。       日本は多くの島からなっています。 4、 接続助詞「から」       もう遅いから、帰りませんか。       星が出ているから、明日は晴れるでしょう。       寒いですから、窓を閉めてください。  「まで」の用法 1、 時や場所の到達点や範囲を表す「まで」       この店は何時までやっていますか。       明日までにこの仕事を終わらせてください。       東京までの切符をください。 2、 副助詞「まで」<程度>       夢にまで見る。       納得がいくまで調べる。       子供にまで馬鹿にされた。  「へ」の用法 1、 方向を表す「へ」       「どこへ(・に)行くんですか」「新宿へ買い物に」       その角を左へ(・に)曲がると、すぐですよ。       学校へ(・に)行く途中で、木村さんに会った。 2、 動作の対象を表す「へ」       先生へ(・に)よろしくお伝えください。       これは母への(×にの)贈り物です。       両親への(×にの)感謝の気持ちを忘れてはいけませんよ。  「より」の用法 1、 比較の基準を表す「より」       東京は大阪より人口が多い。       紅茶よりコーヒーの方が好きです。       今年は去年より寒くなりそうですね。 2、時間・空間・範囲の起点を表す「より」(改まった会話で使う)       試験は9時より(・から)始めます。       ここより(・から)先はA国領です。 よく使う格助詞の用法一覧  格助詞というのは「てにをは」とも言われていますが。日本語の表現文型が文の骨格にあたるとすれば、「てにをは」(格助詞)というのは関節にあたります。助詞の問題で、「あれ?」と思ったら、この一覧表を開いてみてください。  「が」の用法 1、 主語を表す「が」    1) 「(疑問詞)が~か」文と、その応答       「誰が行きますか」「私が行きます」       「いつがいいですか」「明日がいいです」       「どれがあなたの辞書ですか」「これが私の辞書です」    2) 存在文や「(~には)~がある」文で、存在する人・物・ことを表す       「教室に誰がいましたか」「李さんがいました」       「机の上に何がありますか」「本があります」       友だちと約束があります。       君には君の夢があり、僕には僕の夢がある。    3) 形容詞文や比較文の中で       日本は交通が便利です。       「東京とソウルと、どちらが寒いですか」「ソウルの方が寒いです」       「クラスで誰が一番背が高いですか」「李さんが一番背が高いです」    4) 自動詞文・現象文の主語       桜の花が咲きました。       雨が降っています。       先週、ここで交通事故がありました。    5) 従属句の中の主語       これは私が撮った写真です。 <名詞句>       私が小学二年生だったとき、父は死にました。<とき>       仕事が忙しいので、私は旅行に参加できません。<理由>       李さんが来たら、これを渡してください。<条件>    6) 状態を表す「~ている」「~てある」文の中で       ドアに鍵がかかっています。       入り口に警官が立っています。       黒板に字が書いてあります。       部屋に花が飾ってあります。 2、 対象を表す「が」    1) 形容詞文で感情・感覚などの対象を表す       あなたは料理が上手ですね。       私はスポーツが好きです。       彼は英語が得意です。    2) 希望を表す文で対象を表す       私はパソコンが欲しいです。       私は水が飲みたいです。       今日は焼き肉が食べたいですね。    3) 可能を表す文で対象を表す       あなたは韓国語がわかりますか。       あなたは車の運転ができますか。       私は中国語が話せます。 3、 接続助詞の「が」    1) 逆説に使う「が」       彼女は美人だが、性格がつめたい。       薬を飲みましたが、熱が下がりません。       行きたくないが、行かなければならない。    2) 前置きや文のつなぎに使う「が」       すみませんが、近くにトイレはありませんか。       この前の話ですが、どうなりましたか。       僕はコーヒーにしますが、あなたは?  「の」の用法 1、 名詞と名詞を結びつける「の」       これは李さんの本です。       こちらは担任の田中先生です。       黒い革の鞄です。       ソウルの冬は寒いです。       明日の試験は大丈夫ですか。 2、 名詞の働きをしたり、名詞句を作る「の」       「これは誰の本ですか」「私のです」       私が買ったのはこれです。       私は本を読むのが好きです。       子供が遊んでいるのが見えます。       友だちが来るのを待っています。 3、 「~のだ」の形で説明・断定の感情を加える「の」       「どうしたんですか」「お腹が痛いんです」       休みたいんですが、いいでしょうか。       今は忙しいんだ。後にしてくれ。 4、 名詞句の中で主語を表す「の」       私の(・が)住んでいるところは、駅の近くです。       君の(・が)探している物は、これですか。       桜の(・が)咲く頃、もう一度来たいですね。  「を」の用法 1、 他動詞について動作の目的・対象を表す「を」       私は日本語を勉強しています。       もう食事をしましたか。       李君を呼んできてください。 2、移動表現の中で使われる「を」    1) 離れる場所を表す       電車を降ります。       毎日7時に家を出ます。       大学を卒業したのはいつですか。    2) 通過する場所を表す       鳥は空を飛びます。       信号のところを右へ曲がってください。       毎朝、近くの公園を散歩します。    3) 経過する時間を表す       夏休みをアメリカで過ごした。       ここは私が少年時代を送った懐かしい家です。       長い年月を経て、この作品を書き上げた。 3、 自動詞の使役文の中で使われる「を」       彼は冗談を言って、みんなを笑わせた。       早く子供を寝させた方がいいですよ。       社長は遅くまで社員を働かせた。  「に」の用法 1、 動作の起こる時を表す「に」       「学校は何時に始まりますか」「9時に始まります」       寝る前に、歯を磨きましょう。       夕方までに、この服をクリーニングしてください。 2、 存在する場所や状態発生地を表す「に」    1) 存在する場所を表す       「李君はどこにいますか」「李君は教室にいます」       「郵便局はどこにありますか」「駅の側にあります」       「机の上に何がありますか」「本があります」    2)  動作の目的地・到達地を表す       飛行機は成田空港に着いた。       船が港に近づいた。       みなさん、10時に学校に集まってください。 ◆       鞄に教科書を入れる。       黒板に字を書く。       荷物はそこに置いておいてください。    3)  状態発生地を表す       道ばたに花が咲いている。       私は銀行に勤めています。       私はソウルに住んでいます。       右に見えるのが、国会議事堂です。 3、 「~には~がある」文で使われる「に」       規則には例外があります。       彼女には子供が三人ある。       彼には学識(教養・地位・誇り・経験・夢・・・)がある。 4、 目的を表す「に」       海へ釣りに行きます。       ジョギングは健康にいいです。       成田空港に行くには、新宿からJRが便利です。 5、 「~に~を~」他動詞文で動作の相手・対象者を表す「に」       友だちに電話をかける。       恋人に誕生日のプレゼントをあげる。       外国の学生に日本語を教えています。 ◆       父に(・から)時計を買ってもらいました。       日本の友だちに(・から)日本語を教わる。       「誰に(・から)絵を習いましたか」「父に習いました」 6、 感情発生の理由を表す「に」       大きな音に(・で)驚きました。       食糧難に(・で)多くの人が苦しんでいる。       恥ずかしさに(・で)、顔が真っ赤になった。 7、 変化の結果を表す「に」       春になる。       日本語が話せるようになりました。       信号が赤から青に変わる。       一つのケーキを三つに分ける。 8、 基準を表す「に」       この子は父親に似ています。       AはBに等しい。       彼女は才能に恵まれている。 ◆       一週間に一度、韓国語を習っています。       一度に二つのことはしない方がいい。       一日に何時間ぐらい復習をしますか。 9、 受身文の動作主       親に叱られた。       僕は先生にほめられました。       泥棒にお金を盗られた。 10、 使役文の動作主       母親が子供に薬を飲ませた。       私にやらせていただけませんか。       部長に歌を歌わせられた。  「で」の用法 1、 動作の行われる場所を表す「で」       子供たちが公園で遊んでいる。       この川で泳いではいけません。       どこで日本語を勉強しましたか。 2、 手段や方法を表す「で」       ボールペンで書いてください。       バスで駅まで行きます。       多数決で決めましょう。 3、 材料を表す「で」       僕は竹で作った箸がすきです。       紙で鶴を折ります。       毛糸でセーターを編みます。 4、 時間・期間・数量や範囲を限定する「で」       この仕事なら、一週間でできるでしょう。       「それ、いくらで買いましたか」「5000円で買いました」       あと二時間で京都に着きます。       世界で一番長い川を知っていますか。 5、 理由を表す「で」       地震でビルが倒れた。       今日は風邪で休んでいます。       事故で電車が止まった。 6、 根拠を表す「で」       声で誰かわかります。       成績でクラス分けをする。       外見で人を判断してはいけないよ。 7、 動作が行われているときの状態を表す「で」       裸足で歩く。       小さな声で笑っている。       彼女は一人で暮らしています。  「と」の用法 1、 名詞を並べる「と」       机の上にノートと鉛筆が置いてあった。       手紙と小包は、昨日送りました。       僕と君が代表に選ばれました。 2、 共同動作の相手を表す「と」       友だちと(・といっしょに)旅行に行きます。       子供と(・といっしょに)テレビを見ている。       休日はいつも家族と(・といっしょに)過ごす。 3、 動作の対象を表す「と」       孫さんと結婚します。       友だちと約束をする。       家族と相談してから、決めます。 ◆       病気と闘う。       円をドルと交換する。 4、 発言や内容を引用したり、指定する「と」       私は李と申します。       先生は何とおっしゃっていましたか。       今日中にできると思います。       君なら必ず成功すると信じている。 5、 比較の対象を表す「と」       私もあなたと同じ考えです。       僕は君とは意見が違います。       兄と比べると、弟の方が頭がいい。 6、 接続助詞の「と」       右に曲がると駅があります。       春になると暖かくなる。       父は日曜日になると釣りに行く。  「から」の用法 1、 起点を表す「から」    1) 時や場所の起点       「何時から会議は始まりますか」「10時からです」       ここから駅まで歩いて何分ぐらいかかりますか。       太陽は東から昇り、西に沈む。    2) 人を表す語について、動作の主体を表す       その話を誰から聞きましたか。       父から手紙をもらった。       あなたから説明してください。    3) 抽象的な語について、起点を表す       失敗から教訓を学ぶ。       心から皆さんを歓迎します。       やっと仕事から解放された。    4) 順序や範囲の始点を表す       さあ、何から話し始めましょうか。       この映画は子供から大人まで楽しめます。       彼は100人の選手から選ばれた代表です。 2、 原因・出所や判断の根拠を表す「から」       足跡から、犯人は男とわかった。       服装から判断すると、       ちょっとした不注意から事故が起こる。 3、 原料や構成を表す「から」       米から酒を作る。       プラスチックは石油から作られる。       日本は多くの島からなっています。 4、 接続助詞「から」       もう遅いから、帰りませんか。       星が出ているから、明日は晴れるでしょう。       寒いですから、窓を閉めてください。  「まで」の用法 1、 時や場所の到達点や範囲を表す「まで」       この店は何時までやっていますか。       明日までにこの仕事を終わらせてください。       東京までの切符をください。 2、 副助詞「まで」<程度>       夢にまで見る。       納得がいくまで調べる。       子供にまで馬鹿にされた。  「へ」の用法 1、 方向を表す「へ」       「どこへ(・に)行くんですか」「新宿へ買い物に」       その角を左へ(・に)曲がると、すぐですよ。       学校へ(・に)行く途中で、木村さんに会った。 2、 動作の対象を表す「へ」       先生へ(・に)よろしくお伝えください。       これは母への(×にの)贈り物です。       両親への(×にの)感謝の気持ちを忘れてはいけませんよ。  「より」の用法 1、 比較の基準を表す「より」       東京は大阪より人口が多い。       紅茶よりコーヒーの方が好きです。       今年は去年より寒くなりそうですね。 2、時間・空間・範囲の起点を表す「より」(改まった会話で使う)       試験は9時より(・から)始めます。       ここより(・から)先はA国領です。 仅供参考 本文档由香当网(https://www.xiangdang.net)用户上传

    下载文档到电脑,查找使用更方便

    文档的实际排版效果,会与网站的显示效果略有不同!!

    需要 2 香币 [ 分享文档获得香币 ]

    下载文档

    相关文档

    日语格助词用法总结

    から的用法接体言、部分助词。例:日本語は五十音図から勉強し始めた。  学校から駅まで(は)遠いですか。接接续助词て+から。例:朝起きてから何をしますか。接后续词。例:戦友からの手紙。用法1、时...

    3周前   
    124    0

    高考资料——14drop用法归纳

      drop用法归纳  drop可用作名词“滴”;用作不及物动词“掉下,滴下”;用作及物动词“使掉(滴)下”。如:  a drop of blood一滴血;drop by rop/in dro...

    8年前   
    120    0

    高考资料——12free用法归纳

      free adj.  (1)空闲的;有空的。  Are you free tomorrow?明天你有空吗?  (2)免费的;无偿的。  ①Do you enjoy free medical...

    7年前   
    173    0

    小学常用标点符号用法大全

    小学常用标点符号用法大全,务必让孩子掌握,不少大人都用错了!标点符号用法很重要,影响考试成绩,老师家长一定要教会孩子!01句号一句末尾用句号,语气平缓调不高。读书见它要停顿,作文断句莫忘掉。基...

    4个月前   
    145    0

    abaqus常用技巧总结

    abaqus的step里有maximum number of increment、initial increment、minimum increment 、maximum increment四个...

    2年前   
    1762    0

    常用公文写作与技巧

    常用公文写作格式与技巧 (一)上行文种的写法 1、请示 请示是向上级机关请求指示、批准时使用的一种上行文种。请示要坚持一文一事。即一份请示只能向上级请示批准一个问题,以便上级及时、专...

    9年前   
    12238    1

    常用公文写作技巧

    常用公文写作技巧常用公文写作技巧省政府办公厅秘书一处 张茂叶一、请示的写作要求(一)概念与分类请示“适用于向上级机关请求指示、批准的事项”。请示正文一般分为三个部分:①请示的理由。这部分十分重...

    7年前   
    212    0

    常用公文写作格式与技巧

    决定是适用于对重要事项或重大行动作出安排时使用的一种公文。决定按其内容和使用情况,可分为4类:一是用来统一对某一方面或某类带有普遍性的重大问题的认识,确定大政方针的,一般称作“方针政策性决定”。...

    2年前   
    1793    0

    品管常用表格

    当天最重要的重点 月 日 □今天最重要的业务   ○× □今天最严重的问题点   ○× □今天最应注意的地方   ○× □今天最重要的指示命令   ○× □今天最好...

    7年前   
    24828    0

    工程常用表格

     工程常用表格 XXXXXX有限公司 ...

    6年前   
    20022    0

    公司行政人事常用表格

    公司行政人事常用表格 目 录 1.行政人事部工作职责 …………………………………………2 2.员工职级岗位 …………………………………………………3 3.员工薪酬...

    2年前   
    727    0

    网文写作技巧 写故事的十个常用技巧

    (一)“横切悬念,倒叙事件”法  这是指作者为避免平铺直叙,在网文首段就设置提挈全篇、笼罩全文的悬念,故意给读者造 成疑团,以激起读者产生兴趣读下去。如1964年7月5日《湖北日报》发表的...

    1年前   
    686    0

    常用面试题及回答技巧

    请讲述一件你参加过的最成功的活动或者经历    各位考官,我是一名应届毕业生,经历的事情很简单,也没有特别的成就,但却有印象深刻的事情,那是在我们的实习经历的。我们是分小组实习的,我和另外的...

    8年前   
    10187    0

    常用的一些专业销售技巧

    常用的一些专业销售技巧   十二年前,我辞去大学教师工作,成为美国艺康化学有限公司的一位销售代表。艺康公司是一家专业生产、销售宾馆机构部和食品饮料行业专业用清洁消毒产品化工公司。其全球年...

    6年前   
    7523    0

    回答领导答问常用的技巧

    回答领导答问常用的技巧  ・常用技巧不忘   除了以上的几点之外,领导者的答问还有一些常用的技巧。这些技巧既能“出人意外”,跌宕起伏,引人入胜;又要“入人意中”,启人深思,沁人心脾。   (1...

    8年前   
    280    0

    求职信结尾常用技巧

    求职信结尾常用技巧第一篇:英语求职信常用结尾的10大必杀技英语求职信常用结尾的10大必杀技 一封好的求职信,内容一定要反映出你对应聘工作的态度和你自身的能力,结尾也不可马虎。下面是一些求职信结...

    9年前   
    96    0

    演讲稿写作的常用技巧

    演讲稿写作的常用技巧    精彩导读语句通顺。由于演讲稿的语言是作者写出来的,受书面语言的束缚较大,因此,就 要冲破这种束缚,使演讲稿的语言口语化。为了做到这一点,写作演讲稿时,应把长句改成 ...

    6年前   
    275    0

    常用的专业销售技巧总结

    常用的专业销售技巧总结 I)开场白:  你的自我介绍必须注明以下几点:  你是谁?  你是代表哪家公司?   你的来意?  为什么他们要花时间听你谈话?  例...

    11年前   
    24976    0

    公文格式规范及常用公文写作技巧

    公文格式规范及常用公文写作技巧公文格式规范及常用公文写作技巧培训目标学习掌握现代公文新理念,新思维,树立公文沟通理念和正确的写作思维;正确认知良好公文写作习惯和写作技巧的修炼及修养,掌握公文写...

    8年前   
    145    0

    申论高分技巧第三讲《归纳概括的作答技巧》

    本篇文章所用批改实例节选中公教育申论批改系统老师,我在做题的时候比较慢,有没有什么技巧啊? 技巧嘛,肯定是有的,下面就来学习一下作答技巧。 申论高分技巧☞第三讲...

    6年前   
    140    0

    文档贡献者

    文***品

    贡献于2021-04-04

    下载需要 2 香币 [香币充值 ]
    亲,您也可以通过 分享原创文档 来获得香币奖励!
    下载文档

    该用户的其他文档